季節のフルーツ

足を運びたくなる工夫

近年、全国各地に様々なスイーツ専門店が続々とオープンし、甘いものを愛する女性たちから支持されています。

海外からも支持

スイーツ専門店ブームの火つけ役となったパンケーキ専門店やスイーツビュッフェ、かき氷専門店やカップケーキ専門店など、次から次へと登場する新しい専門店は、海外からの旅行客にも人気です。

国内でもわざわざ遠くまで足を運んでスイーツを楽しむ人たちは、女性だけでなく男性も多いですが、スイーツ専門店の客層はまだまだ圧倒的に女性が占めていると言ってもいいでしょう。

インスタグラムやツイッターなどのSNSによって、誰でも簡単に世界に向けて情報発信できるようになったということは、飲食業界に大きな影響をもたらしました。

SNS映えスイーツ

いつでも気軽に食べ物の写真を撮って、SNSで披露できるようになったことで、「おいしいもの、食べたものを記録したい」「かわいい写真、キレイな写真をアップして自慢したい」という女性たちの欲望が簡単に満たされる、その場所、方法としてスイーツ専門店は最適なのです。

例えば、同じパンケーキでも、都内だけでもいくつも専門店が存在しますが、話題の店に行って自分の舌でどれが一番おいしいかを確かめたいという女性もいるでしょう。連日、各地の専門店はスイーツファンの女性たちで賑わっています。

飽きさせない工夫

また、現在のブームは専門店側の努力抜きには語れません。人気のスイーツ専門店は、店に通ってくれるファンを飽きさせないように、シーズンごとに新メニューを展開しています。

スイーツではフルーツを使ったメニューも多いですが、宮崎のマンゴーや岡山の桃といった有名な産地のフルーツを使用した限定メニューなどが、旬の季節に提供され、話題を集めることも珍しくありません。

旬の高級フルーツを使うとなると、期間限定や数量限定になることもありますが、だからこそスイーツを愛するファンにはたまらない一品です。「新しいメニューを食べに行かなくちゃ!」「写真を撮ってSNSにアップしたい!」といった意欲を掻き立てられるでしょう。

どんなにおいしいスイーツでも、一瞬話題になってからも同じメニューしか提供できなければ、いつしか人々は飽きてしまうものです。

メニューに工夫をこらし、客を楽しませ続けようとする姿勢も、女性から人気が高い理由のひとつなのではないでしょうか。

また、客層がほぼ女性であることから、子供連れの女性客が利用しやすい店内にこだわるなど、スイーツ店ならではの工夫もあります。「おいしい、かわいい」だけでなく、思わず店に足を運びたくなるような努力があるからこそ、今のスイーツ専門店ブームがあると言えるでしょう。